この素晴らしい環に


もう少しで触れそうだが


いかにも突然すり抜けてゆく